南アメリカへの旅行、ごはん事情


2
画像参照:NeilsPhotography

南アメリカへの旅行といったら、まずはペルーが誇る世界遺産であるマチュピチュはどうでしょう。
アンデス山脈の山奥の、切り立った山々に囲まれたマチュピチュ山とワイナピチュ山との尾根に作られた15世紀のインカ帝国の遺跡です。
山裾からその存在を確認できないことから「空中都市」と言われるその神秘的な光景を見ることができます。
テレビなどでも散々紹介されていますが、一度は見てみる価値がありそうです。
マチュピチュ村には宿泊できる施設もあり、沢山のツーリスト向けのレストランもあるので、ごはんには困りません。
テラスがあったりオシャレなレストランが豊富というマチュピチュ。是非ローカルレストランを堪能していただきたい。

もうひとつ、南アメリカへの旅行といえばウユニ塩湖ではないでしょうか。
一生に一度は訪れたい絶景として話題になっています。
乾季である5月~11月にはカチカチになった塩の大地が続く光景を見る事ができ、12月~2月の雨季にはうっすらと水を張った、あの鏡張りのような絶景を見ることができます。そして晴れた夜には満面の星空が水面に映り、まるで宇宙の中にいるような錯覚がするかもしれません。
この光景は例年4月下旬まで見ることが出来るそうです。
なお、ウユニも観光地なのでレストランがあり、ごはんには困らないようです。南アメリカの料理といっても一言でいえない程国によって様々な特長があります。豆料理や魚、肉等、南アメリカそれぞれの国の特長の料理を旅行の際に楽しんでいただきたい。